タグ別アーカイブ: salesforce

【Salesforce】Lightning For Gmail Settingsの設定方法

Lightning For Gmail Settingsがベータ版として利用できるようになりましたので試してみました。

Google G-suite(旧名Google Apps ForWork) をベースにお仕事をされている担当者にとっては便利になります。

Lightning For Gmail Settings を選択

管理画面の「管理」にある Lightning For Gmail Settings を選択します。

有効化する

パブリッシャーレイアウトを作成する

ウィザードに従って、パブリッシャーレイアウトを作成

今回は、新規取引先 というアクションを新規パブリッシャーへ追加してみました。

パブリッシャーレイアウトの登録ができました。

パブリッシャーレイアウトの割り当てを行う

 

メールアプリケーションペインのプレビューを表示して確認します。このようになりました。このようなペインをgmailへ表示することができるようになります。

 

Gmail用のLightning用プラグインを追加

GoogleのChromeから、Gmail用のプラグインを追加インストールしてから、Gmailを開くと、右側のペインにsalesforceのプラグインが追加されました。

 

 

Gmail と Lightning (Salesforce1)が合体

下のような画面になりました。

メールから取引先責任者を登録するときには、開いているメール送信元がSalesforceのメール欄へ転記されるので便利です。

必須項目を入力しなければエラーになるのは通常どおり(classic同様)です。

 

管理者は作業が増えますが、利用するユーザーとしてはクラウドを活用した便利機能になるでしょう。

 

【Salesforce】変更セットを利用した項目レベルセキュリティの移行方法

Sandboxに設定したカスタム項目の「項目レベルセキュリティ」の移行

 

本番環境に反映をスムーズに行うには、「変更セット」を利用する方法が一番早いのですが、プロファイルを一緒に含めて移行する必要があります。

開発環境が複数存在する場合や、本番環境にのみプロファイルを設定してる場合、移行元のsandboxの変更セットにプロファイルを含めると、旧バージョンにもどったり、意図していない設定が新たに移行されてしまう恐れがあります。

このような場合は、下の①②のように地道に進めることになります。

①本番環境と移行元sandboxの設定、プロファイルの差分をなくす。
 (本番karasandboxへ同期が可能な場合は更新する)

②手動で設定する。

プロファイル数と項目数が多くなければ、手動で項目レベルセキュリティを設定する方が早いことが多いです。
できるかぎり、開発前に本番→sandboxの設定同期をしておくことをお勧めします。

【SalesForce】標準の見積機能のご紹介

メタルフォニックスタジオ WEB担当です。

Salesforceからどのような見積書を出力できるのか?というお問合せをいただくことがありました。

当社としては、なるべくSalesforce標準機能のまま利用することをお勧めします。

ただし、フォントサイズや文字色変更、配置にこだわりたい場合は、見積り用アプリケーションの追加購入や追加開発がどうしても必要になることがあります。カスタムをいたしますと、バージョンアップなどの確認、修正作業が必要になるという点にも注意が必要になります。

 

標準の見積機能で可能なこと。

  • 見積ステータスによって見積書のメール送信を抑止することができます。
  • 複数人の方が見積書を共有することができます。
  • 作成途中の見積を他の方が継続できます。
  • 商談と紐づけて得意先へ送付状況、見積ステータスを社内共有できます。
  • 見積書は出力内容の位置変更、セクションの追加を変更することができます。
  • 定型画像を表示することができます。
  • 見積書のPDFを作成し、お客様へ見積書をメールに添付して送信できます。
  • 簡単なヘッダー・フッターについては表示することができます。

標準の見積機能ではできないこと

  • 見積書の大幅なレイアウト変更はできません。
  • 見積書のフォント色制御はできません。
  • セクションバーの色変更はできません。

現在の機能では実現できませんが今後のSalesforceのバージョンアップで可能になる場合もございます。

 

Salesforce標準の見積機能でも十分というお考えのお客様もいらっしゃるのではないでしょうか。

標準機能で構築する場合、SalesForceのバージョンアップでも影響をほとんど受けることがないためメンテナンスのコスト削減につながりますので大きなメリットと言えます。

 

当社では、Salesforceの標準見積機能の設定作業を行っております。

ご希望される方は、こちらのキャンペーンからぜひお申込み・お問合せください。

「Salesforceの標準機能のみ」を利用した「サンプルSalesforce見積書」構築例をご紹介いたします!